不動産価格は定価がありません。

 

不動産を高く売るために何をすればよいか?

 

需要が多ければ、高く売れますし、需要が少なければ価格は安くなります。売る方法は不動産会社に仲介してもらう方法と買取の場合と2種類あります。仲介の場合は売却が決まったら不動産会社に仲介手数料を成功報酬として支払うよう法律できめられています。

 

不動産売却で最も大きな費用となります。買取の場合は仲介手数料がかかりません。確実に業者が買ってくれ時間もかかりません。

 

しかし買取額は仲介より安くなります。なぜなら、仲介手数料がかからないのでそのままでは利益がでません。そのため自費でリフォームなどを行い、再度販売し、売れたときに利益が発生します。買主が見つからないリスクもあります。そのため仲介よりも安く買取価格は設定されるのが通常です。不動産を高く売る上で重要なのは、複数の業者に査定をしてもらうということです。

 

近年では、一括査定サービスを提供している不動産サイトも増えています。仲介だけでなく、買取専門の一括査定サイトもあります。一括査定サイトはいくつもありますが、提携している不動産業者が多いほうがより多くの情報が得られるでしょう。

 

一括査定サイトではマンション・戸建て・土地・その他の中から物件の種類と選択すると査定業者の候補が表示されます。その中で査定してもらいたい査定業者にチェックを入れ、不動産の簡単なアンケートに記入すると査定が行われます。一括査定すると数日後にメールか電話で査定結果を報告してくれます。

 

その段階では業者は限られた入力情報を元に査定しているので概算しか分かりません。その後、業者とやり取りをして、リフォームなどの詳しい情報を伝えると、より正確な見積もりを出してくれます。業者は一番高い査定金額を出したところが一番いいわけではありません。査定額は「これくらいの金額なら売れると思いますよ」と業者が提案している金額なのです。なので、実際に会ったり、話を聞いて本当に信頼できそうな業者を選ぶのが良いでしょう。査定額は相場なので、売却金額は売主が決めることができます。