不動産売却時の引越しについて

 

 

不動産売却前に引越し費用などが必要な時

 

誰も住んでいなかった物件を売却するなどの例外を除き、不動産売却を行う人はほとんどの場合において引越しを行うことになります。

 

この引越しの際にはそれなりに高額な費用が必要になってきてしまうため、その費用の工面に苦慮しているという人も少なくはありません。

 

特に債務問題などがあってその解決のために物件を手放さざるを得なくなったなどの状況にある人であれば、引越しに必要な費用の工面が難しいということもあるでしょう。

 

ではこの場合にはどうすれば良いのかというと、まず候補に挙がるのが「お金を借りてくる」という方法です。
仮に三人以上の家族が都道府県内の引越しをするという条件で考えると、そこで必要になるのはおよそ7万円程度になるはずです。
借りるにしては少々高額ですが、親戚などに助けを乞えば借りられない金額でもありません。

 

もちろんその際にはいつまでに返すのかということを明らかにし、返済の際にはお礼の品も添えるのがマナーと言えますが、もし借りることで何とか工面できるのであればそうするのがベストです。

 

もしそうした頼れる相手がいない場合、売却の際に家財が残った状態で内乱に来てもらうというのも手です。
「家財はなるべく無い方が良いのでは」と思われる方も多いのですが、テーブルやソファなどの家具が設置されている状態で内乱に来てもらうと「生活の状況がイメージしやすい」というメリットがあります。

 

状況によっては使えないこともありますが、引越し費用が用意できない場合はこの形で対応するのも手です。
もし引越し費用も用意できない、しかし家財は絶対に搬出しなくてはならないというようなケースになっているとすれば、それは不動産買取業者に声をかけた方が良いでしょう。

 

売却に出せば高値がつく可能性はありますが、買い手がつくまでは何もできないというデメリットがあります。
この点不動産買取業者であればよほどのことが無い限り買い取ってくれますし、そこで「引越しのために料金の一部を先払いで貰うことはできないか」と交渉をすればある程度対応してもらえる可能性もあります。