両手仲介というのは、仲介業者が買い手と売り手の両方と取引をすることを指します。

 

不動産売却の際の両手仲介って何のこと?

 

不動産を売却するときには、買い手を探さなければなりませんが、素人が探すのは難しいですから、仲介業者に売却を依頼することが多いでしょう。これは買い手にとっても同じで、買い手も自分で打ってくれる人を探すのは難しいですから、やはり仲介業者を利用することが多いです。

 

売ろうと思っている人が仲介業者に依頼したとしましょう。その情報は不動産業界のネットワークを通じていろいろな仲介会社に流通します。そして、買い手から物件探しを依頼されている仲介業者がその物件を紹介し、買い手がそれを買うことにすると、その後に条件交渉が行われて、交渉が成立すれば売買契約を結ぶことになります。このときには、買い手も売り手も、それぞれが利用している仲介会社に仲介手数料を支払います。

 

もしも買い手と売り手が同じ仲介会社を利用していた場合にはどうなるのかというと、その仲介業者は買い手と売り手の両方から仲介手数料を受け取ることができます。仲介業者が両手仲介を行おうとするのは、一つの取引で得られる仲介手数料が二倍になるからです。仲介会社にとって、これは非常に大きなメリットだと言えるでしょう。ただ、仲介会社はどこでもそれができるのではなくて、買い手と売り手の両方をお客さんとして抱えていることが条件となります。ですから、ある程度の規模は必要になります。

 

両手仲介はうまくできた仕組みだとも考えられるのですが、問題点もすでに指摘されています。仲介業者は自社の利益を優先して両手仲介を行おうとするのですが、その際には買い手と売り手のどちらかに肩入れすることも想定されます。本来ならば中立な立場に立たなければならないのですが、例えば売り手とつきあいが長ければ売り手側の立場で交渉する可能性が高くなるでしょう。このようなことから、両手仲介はどちらかに不利になる可能性があると言うことは知っておくべきです。