離婚する時には、夫婦で財産分与が行われます。

 

不動産を離婚が理由で売却したいという方へ

 

「特有財産」といって、結婚前から所有していたものなど、どちらか一方の財産とされるものについては争いになることはありません。財産分与の対象となるのは、夫婦共同で築いた財産である「共有財産」です。マイホームをどちらか一方の名義で購入したとしても、実質的には夫婦で協力して得た財産なら共有財産となります。

 

さて、離婚が原因となってマイホームを売るときには、住宅ローンなどのローンが残っているかどうかをまず確認します。住宅ローンが残っていて、不動産に抵当権が設定されている場合、そのままでは売ることができません。いつ抵当権が実行されて強制売却されてしまうかもしれないような家を買おうという人は、特殊な例を除いて存在しません。

 

不動産に抵当権が設定されている場合には、まずは抵当権を解除する必要があります。抵当権を外して不動産を売却する手続きとして有名なのが、任意売却です。

 

任意売却は債権者の同意を得て、抵当権を解除し、その後通常の不動産売買と変わらない方法で家を売却する手続きです。

 

次に確認しなければならないポイントが、不動産価格の相場を調べて、オーバーローンとなるかアンダーローンとなるかです。

 

オーバーローンとなっている場合には、不動産売却後に借金が残ります。他にプラスの財産があるなら、その財産で借金を清算することになりますが、借金の方が大きい場合には借金も夫婦で分担することになります。

 

アンダーローンとなっている場合には、プラスの財産に含められて、財産分与の対象となります。

 

マイホームに住宅ローンが残っている場合、絶対にローンを放置しないようにしておきましょう。ローンを支払わずに放置しておくと、裁判所による強制手段である競売になってしまい、物件がかなり安く売り叩かれてしまう可能性があります。

 

任意売却物件は、通常の物件に比べて足下を見られてしまい、安く買い叩かれてしまう可能性もあります。適当な不動産会社に相談をしたりせず、実績のある任意売却の専門業者に依頼をすることがお勧めです。