周りに知られずに不動産売却できる?

 

不動産売却は近所に内緒で始められる?

 

不動産売却を考える理由は様々ですが、売却することを急ぐ人もおられます。
不動産売却の理由に、転居や競売など色々とあるでしょうが、条件良く売るとなればあわてることはありません。
ただ、諸事情により、どうしても早期で売却しなければいけない場面もあるでしょう。

 

またそのような場合、周囲に知られることなく売却することが良く、その事実が周りに分かればそれがリスクとなることがあります。
とくに、競売にかかる懸念があるような物件の場合、売却情報が洩れれば、足元をすくわれることがあります。

 

通常の売却は、不動産業者に不動産を売ることを申し出て、店頭やホームページへの記載をし、住宅情報媒体へ載せる頃で購入者を募ります。

 

この時点で、一気に周囲に広がります。
大抵は、販促期間として3か月程度を要します。
しかし、必ずしも売れるとは限らず、不動産業者が力を入れないケースもあります。

 

現在では、不動産業者がディベロップメントを行い、不動産購入をして、転売や活用という方法をとる場合があります。
購入した不動産に住宅建設をして建売としたり、中古物件のまま、リフォームをして転売することや、賃貸として活用するなど様々な方法で土地活用をするケースがあります。

 

即現金化したいのであれば、定められた期日までに現金化する必要があるといった内容を業者に伝え、希望の金額や期日などを相談することです。

 

安価な売却を避けるために、できるだけ複数の業者にアプローチし、見積もりを取ることです。
購入者が現れなくとも業者が直接購入をしてくれるところも現れるはずで、まして価格の高いところを選択するべきです。
早期で売ることが出来れば、周囲の人に知れるときには物件は他に渡った後で、結果として周囲に知られずに売ることが可能でしょう。
売り買いで成立する契約ですから誰一人として知られずに契約を成立することは不可能ですが、広く大勢に知られずに売ることは可能といえるでしょう。