大手の業者と地元密着型の業者

 

不動産売却する時の不動産会社の選び方ってあるの?

 

不動産を売却するときに、大手の業者と地元密着型の業者と、どちらに依頼するのが良いのでしょうか。結論的に言えば、どちらかが良いと一概には言えません。それぞれにメリットとデメリットがあります。それを把握した上でどちらにするべきなのかを検討するのが良いでしょう。

 

大手はやはり販売力の面で優れています。大手の仲介業者は多くの情報ネットワークを持っていますから、その点では優れていると言えるでしょう。最近では指定流通機構の制度が作られたことによって、仲介業者間の情報流通の制度が整えられましたから、昔のように大手が圧倒的に情報量で勝っていると言うことはありません。しかし、購入層に関するデータを考えてみれば大手の方が優れていますし、また抱えている顧客の数を考えてみても大手の方が優れています。

 

また、大手と言うだけで信頼性は高いと考えられます。不動産の売却で詐欺に遭ったという話を聞くこともありますし、不当に安い価格で売ってしまったと言うこともあり得るでしょう。大手であればコンプライアンスはしっかりしていますから、このような心配はありません。その面では優れています。サービスも一定以上は保証されていると言っても良いでしょう。ワンストップのサービスを利用したい人にも適しています。

 

地元密着型の仲介業者は、大手に比べて劣っているところもありますが、まず地元の情報をよく知っているというメリットがあります。古くから営業をしているような業者の場合には、地元に多くの取引先がありますから、特定の地域に関して言えば詳しい情報を持っているという特徴があります。また、地域で営業していると言うこともあって、大手よりも丁寧に対応してくれるケースもあります。地元で看板を背負って営業しているだけに、変な噂が流れるようなことはしないでしょう。また、少し込み入った事情があったり、あるいは特殊な物件で会ったりしても対応してくれることが多いです。