不動産を売却しようと思ったら、その物件を宣伝しなければなりません。

 

不動産を売るために不動産屋はどんな広告活動をする?

 

こんな物件が売りに出ていますよ、と宣伝しなければ、誰も買ってはくれません。不動産の広告活動といえば、新聞の折り込み広告とインターネットくらいしか一般の人は思い浮かばないでしょう。確かに買いたい人が真っ先に見るのはそれらの広告でしょう。しかし不動産の広告活動とはチラシやインターネットだけではありません。むしろそれは数ある広告活動のほんの一部に過ぎません。戦略を持って、効果的に多くの広告活動をしてくれる業者に売却を依頼することが大切です。

 

不動産の場合、購入希望者が現地を見に行くことがよくあります。このあたりに住みたい、と思っていたら、ドライブがてら周辺を散策したりします。そんなとき、売りに出ている家があれば、嫌でも目に留まるでしょう。つまり、現地で看板を立てることも、大変有効な広告手段です。ただし、この方法は、ご近所に売却中であることを知られたくない場合には使えません。売りたい物件に住人がいないケースで適しているでしょう。

 

次にレインズへの登録です。レインズとは、売り物件情報を全国の仲介業者が共有できるコンピュータシステムのことです。どんなに小さな仲介業者に依頼したとしても、レインズに登録さえしてくれれば、全国から購入希望者を募ることができます。一般媒介であっても、レインズに登録してくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

インターネットやチラシは、確かに多くの人が見てくれる媒体ではありますが、掲載される物件の数が多すぎて、すぐに売却に繋がるかどうかは分かりません。購入を検討している地域で何十、何百と物件が掲載されていれば、誰だって目移りしてしまいます。価格や間取りなどで特別な魅力がない物件なら尚更です。売れなくていつまでも広告に載っている物件は、逆に警戒されてしまいます。複数の広告活動を並行して展開すると共に、反響がなければすぐさま次の手を打って出る柔軟さが求められます。