不動産を売却するときには、仲介業者と媒介契約を結びます

 

不動産売却の時に不動産業者と結ぶ媒介契約とは?

 

この媒介契約には一般媒介と専任媒介、専属専任媒介の3つの種類があります。専任媒介と専属専任媒介はあまり大きな違いはありませんが、一般媒介は非常に大きな違いがありますから注意しなければなりません。その違いを知るためには、仲介業者の立場に立って考えてみると分かりやすいです。

 

仲介業者にとって、専任媒介や専属専任媒介の契約を結んだときには、ほかの仲介業者とも契約を結んでいる前提で対応されます。ですから、取引の成立のために仲介業者が尽力したとしても、ほかの仲介会社で取引が成立してしまう可能性があるのです。それを考えれば、仲介業者が本気になって買い手を探してくれるとは考えにくいでしょう。一応のところ物件情報として取り扱ってくれるとはしても、優先的に買い手に紹介してくれるとは考えにくいです。その意味では専属専任媒介か専属媒介の方が適しています。

 

専属専任媒介や専任媒介の場合、契約を結ぶことができるのは一つの仲介業者に限られます。ですから、その仲介業者として積極的に営業をしてくれるでしょう。コストをかけてたとしても契約が成立すれば、それによって利益を得ることができるのですから、本気になって買い手を探すメリットが大きくなります。ですから、専属専任媒介か船員媒介の方が良く、このどちらかでないと契約を結んでくれない仲介業者もあります。本気で探してくれるということは、例えば広告宣伝費をかけてくれると言うことや、優先的に顧客に紹介してくれると言ったことを意味します。

 

ただ、専属専任媒介や専任媒介の場合、それが良い仲介業者でないと買い手が見つからない可能性もあります。契約だけ結んでおいて販売活動をしない業者があるかもしれません。ですから、専属専任媒介や専任媒介の契約を結ぶのは、良い仲介業者であることが前提となります。良い仲介業者に出会えることが、不動産の売却を成功させるコツだとも言えるでしょう.