不動産を売却するときには、買い取りと仲介という二つの方法があります。

 

不動産売却には2種類「買い取り」と「仲介」

 

基本的な違いは買い手が誰なのかと言うことです。不動産業者に売却を依頼した場合、多くの場合には仲介になります。これはどういったものかというと、業者が買い手を見つけてくれ得て、その買い手との間で売買を成立させることを指します。これが一般的な取引だと言っても言いすぎではないでしょう。たいていはこの仲介という形がとられます。これに対して買い取りというのは、買い手を探してくれるのではなくて、業者が買ってくれる方法を指します。

 

基本的な仕組みはこのように異なるのですが、それによって売却価格に違いが生じることもあります。買い取りの方が安くなるケースが多いです。これはそれぞれの状況によっても事なるのですが、業者が物件を買った物件を、いずれ売却するという前提に立ってるからです。ご存じの通り、不動産の売買には多くの費用がかかります。業者が買い取りによって不動産を取得し、そして転売をするときには売買が2回行われるという点に注意しなければなりません。売買が2回行われるのですから、手数料も2回かかってくることになるのです。その手数料を差し引いたとしても利益が出ると判断するような価格設定が行われるのが買い取りの特徴です。そのために、買い取りの方が安くなる傾向があるのです。

 

仲介の場合、買い手が見つかるのかどうかと言うのは未知数です。どれだけ良い物件で会っても運が悪ければ買い手が見つからないこともあります。この点、買い取りの場合には業者が確実に買取ってくれますから、例えば売却しなければならない時期が決まっている場合などには、買い取りを利用した方が良いと考えられます。最近では、売れなかったときには買い取りを行うというサービスもあります。これが買い取り保証と呼ばれるサービスで、これを利用すれば仲介のメリットと買い取りのメリットの両方を享受することができます。